Amazon広告の考え方 | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

Amazon広告の考え方


Amazon広告(以下スポンサープロダクト)を行う目的は

セッション数を上げる事です。

 

 

売上 = 商品価格 x セッション数 x 成約率 x リピート率

 

 

という式はどのネットビジネスでも使われますが、Amazon販売に

おいても同じです。

 

 

スポンサープロダクトはセッション数に寄与することになります。

 

※成約率=ユニットセッション率

 

セッション数、ユニットセッション率については以下で

説明していますので分からない方は見てください。

 

ビジネスレポートの活用方法

 

 

商品価格は競合が安く売っていれば上げることはできませんし、

相場がありますので簡単には高くはできません。

オリジナル商品を作って付加価値を上げるなどで上げる事は可能

ですが時間がかかります。

 

それに比べてセッション数はより少ない努力でしかも短期間で

上げることが可能です。

 

 

単価2,000円の商品が成約率3%だったとすると、

 

セッションが100なら3個売れることになるので、

6,000円の売り上げ、

 

セッションが500なら15個売れることになるので、

30,000円の売り上げ

 

が見込めるということになります。

 

 

セッションを上げるために実践するべき事は沢山ありますが、

その中の1つがスポンサープロダクトということになります。

 

 

広告なのでお金を払って売上を見込むということになります。

 

 

 

スポンサープロダクトを設定項目の中に入札額があります。

 

 

これは同じキーワードでどの商品を広告枠の中の優位な位置に

表示させるかを決める条件の1つになります。

 

 

広告主側が自由に決められる指標です。

 

 

他の指標としては

・ キーワードと関連のあるページかどうか、

・ カートを獲得しているか、

・ 過去にそのキーワードで広告表示されたときにクリックされた

  割合が多いか、

 

などがあります。

 

 

設定した入札額に対して、競合の入札額より大きいか、少ないか

によって1ページ目から2ページ目以降のそれぞれの広告枠の

掲載順序が決まります。

 

 

 

クリック単価を20円と設定した場合、

商品の価格2,000円、

ユニットセッション率5%であったとすると、

 

 

100回広告がクリックされると5個売れることになります。

広告費用は20円x100回=2,000円で

売上は10,000円なので、

 

ACoSは20%という事になります。

 

※ACoS = 売上高広告費比率

 

 

利益率20%の商品であれば利益は0ということになります。

 

 

利益率 < ACoS だと広告費込みで赤字

利益率 > ACoS だと広告費込みで黒字

 

 

定期的にACoSをチェックして売れたはいいけど広告費込みで

赤字になっていないかチェックすることが大事ですね。

 

 

ただ、広告ですので、最初は赤字でも販売数を増やすことにより、

検索順位が上がり、検索順位が上がったところで広告費を

落とすように変更していくという使い方もできますので、

赤字だからやめなければとは一概には言えません。

 

最初に広告を掛ける目的をはっきりと決める事が重要になります。

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料相談
スカイプ無料相談

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
カテゴリー

ページの先頭へ