鎌倉に家を建てる | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

鎌倉に家を建てる


鎌倉に家を建てる時に注意することがある。

 

 

土地を購入する前にこれらの知識は得ておきたい。

 

 

それは風致地区条例というものだ。

 

 

この条例のために鎌倉に来ると
漠然と感じる何となく周りの街とは
違うなといった印象を受ける理由がある。

 

 

鎌倉市のおよそ55.5%が風致地区となっている。

 

さらに細かく
第2種風致地区
第3種風致地区
第4種風致地区
と分かれている。

 

 

ちなみに第1種は鎌倉市にはない。

 

 

風致地区制度とは鎌倉市のHPから抜粋すると
”都市における良好な自然景観を保全し、

自然と調和した緑豊かなまちづくりを目的とする”
とある。

 

家を建てる時に建物の高さ、建坪率、道路に面する部分は

道路から建物までの距離、

 

道路に面しない部分つまり隣家との距離、緑化率など

街の景観を守るための決まり事があるのだ。

 

また建物を建てるには他にも建築基準法というものがあるので、
様々な制限を受けて設計していくことになる。

 

 

それらの制限で3階建ての家が建てられない地域が

鎌倉に家を建てるには意外と多い。

 

 

購入した土地一杯に建築する事ができなく、

隣地との距離をある程度空けなくてはならないので

思ったより建築面積が狭くなったりする。

 

 

 

もう一つ注意しなくてはならないことがある。

 

 

それは埋蔵文化財指定地となっている場所がいたる所にあるということだ。

 

 

指定地域だと建築前に必ず発掘調査が行われる。

 

 

もし遺跡などの埋蔵物が見つかった場合は長期間、

着工が足止めされることもある。

 

 

今まで建築士と話し合いをし、

準備もしてきていよいよ着工だという段階で

夢の鎌倉のマイホーム建築がお預け状態。

 

 

どうにもし難いが、なるべくなら不動産屋に事前に確認しておいて

最悪の引っ越し日程などを考慮して備えておきたい。

 

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料コンサル
スカイプ無料コンサル

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ