収入は頭打ち、収入は無限 | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

収入は頭打ち、収入は無限


一般的にその職業で収入の上限は決まってしまう。

 

医者であれば数千万、普通のサラリーマンであれば
業種によって数百万から1千万ちょっと。

 

プロ野球選手なら数億といったように、
いくら普通の会社のサラリーマンが2千万欲しいと願っても
まずかなわない。

 

2千万ほしいならそれだけ収入を得られる職種に就くしかない。

 

しかし多くの人は収入で職業を選んだわけではないと思うので、
気付いたら自分の属している会社ではどんなに頑張っても
500万だったといった現実に後で気づくことになる。

 

そうでなければサラリーマンであれば
大企業の重役にでもなれば得られるであろうが、
長い年月の間、会社に尽くしたたとして、ほんの一部の
運と実力の持ち主しか到達できないであろう。

 

日本では9割近くという大多数の人が
給料を貰って生活をしている

サラリーマンを職業としており、

 

平均年収は400万円台と言われている。

その金額で生涯生活していくことになる。

 

毎年の昇給もほんの僅かで、あったとしてもせいぜい数万円。
そんな状態でも皆生活のために必死に働いている。

 

そんな状況を学生から就職して40年以上も続けなければならない。

 

 

一方インターネットを使った物販は収入は無限となる。

 

簡単に始められるので敷居が低いのだが、
一応は個人事業主ということになり、
立派なビジネスオーナーとしてやっていくことになる。

 

最初はおこずかいレベルでも稼ぐことができれば、
それを大きくふくらましていけばいい。

 

 

自分一人で限界が来たら外注化や組織化などをして、
さらに大きくして行ける。

 

2015年のネット物販の対実店舗比率は4.75%と言われており、
これほどインターネットで物を買う事が当たり前になってきても

 

残りの95%以上の人がまだインターネットでは物を買っていない
ということになる。

 

 

これが何を意味するかというと、今後インターネットで買い物を
する流れは間違いなく増えていくので、さらに伸びる余地が
かなりあるという事だ。

 

ビジネスモデルの成長曲線でいえば、まだまだ成長段階にあるのだ。

 

しかも巨大な市場なのでその中のほんの一部を獲得できるだけで、
個人や中小企業としては十分な収入を確保できる。

 

そこに簡単にローリスクで参戦することができる。

 

今参入して小さくてもいいので結果を出し続けて、
今後の大きな波に乗り遅れないように準備しておきたい。

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料相談
スカイプ無料相談

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
カテゴリー

ページの先頭へ