アパレル通販で自動化をする | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

アパレル通販で自動化をする


アパレルとはご存じのように衣服の事をいいますが、
Amazonだけでなく楽天、Qoo10、ヤフーショッピングや、

メルカリ、ヤフオクなど個人でも販売出来るネットショップで
も今や主力の商品カテゴリーの一つとなっています。

 

 

 

日本で製造されている服は3%とも言われていて、殆どが中国や
他の東南アジアの国で作られています。

 

中国から仕入れて販売する事は個人でも可能です。

 

中国で売られている日本人に合いそうなデザインのものは
沢山販売されているので、リサーチに困ることは無いでしょう。

 

品質は悪いものからいい物まであるので、検品はしっかりと
おこなった方がいいですね。

 

縫製が悪い、ポケットの入り口が縫い付けられていて手が入らない、
ボタンを留める穴が空いていない、などは普通にありますので、
一度手元に取り寄せて検品する必要があります。

 

とはいえ、副業で検品をする時間はなかなか取れないかと
思いますが、中国輸入代行業者でそのような検品や検針などを
おこなってくれるところもあります。

 

中国語のタグが縫い付けられていたり、紙タグが付いている場合は
取り除いてくれるサービスもあります。

 

また日本語のブランドタグや洗濯タグを取り付けて貰える
サービスもあります。

 

タグ自体の制作費用は代行会社に頼めば2000枚で7000円位から
なので、かなり格安です。

 

日本のタグ制作業者に依頼すると1枚だいたい30円前後するので、
1/6~1/9の値段で制作出来てしまいます。

 

数量が多くなれば最初から日本語タグを取り付けてくれるお店や
工場ももあります。

 

それほど最低発注数は多くなくても50着からと言うところもあります
ので、代行会社を通じてお店に聞いてみるのがいいかと思います。

買付け、検品、タグ付け、梱包、FBA発送まで全てを代行業者に
依頼すれば手間と時間が掛からずにアパレル商品を販売して
行くことができます。

 

デザインを少し変えたり、ラインナップに無い色を追加すれば
簡単にあなたのオリジナル商品が作れてしまいます。

 

その商品にオリジナルブランド名を付ければ立派な
ブランドオーナーです。

 

個人が全てを兼ね備えたブランドオーナー、メーカー、商社、
小売り店をインターネットを使ったパソコン上で完結できて
しまいます。

 

凄い世の中になりましたね。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料コンサル
スカイプ無料コンサル

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ