セッション数が少なくて売れたのはいいこと? | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

セッション数が少なくて売れたのはいいこと?


Amazonのビジネスレポートをチェックしていると

たまに不可解な事がある。

 

 

セッションが0なのに商品が売れている事が

あるのだ。

 

 

ちなみにセッションとはこちらで説明している。

 

Amazonでセッションを上げるには?

 

 

これを素直に受け止めると、誰も商品ページ

に訪れていないのに、商品が購入された

ということだ。

 

 

アマゾンは商品の一覧が表示されているページから

カートに入れて購入する事はできず、

必ず商品詳細ページに訪れてから、カートに入れて

購入する仕組みになっている。

 

 

商品詳細ページに訪れるとセッションは

一つ増加するはずだ。

 

ところがセッションは0なのに商品が売れる。

 

 

アマゾン内に幽霊がいるのだろうか。

 

 

 

こういった特殊な場合を除いたとして、

セッションが少ないのに沢山商品が売れるのは

いいことなのだろうか。

 

 

答えはノーである。

 

 

なぜかというと、例えばセッションが10で

5個売れた場合、

セッションが100で5個売れた場合、

 

 

もちろんセッションが10で5個売れた商品の

方がより売れる商品ということになる。

 

 

しかしセッションが10しかないのに5個も売れた

セッション率50%だなどと喜んではいけないのだ。

 

 

通常セッション率は1%あれば、よしとする値なのに

50%は凄い商品だ、とはならないのである。

 

 

それならセッションを100に上げれば単純計算では

50個売れる事になる。

 

 

なのでセッションを100まで上げる努力をしなければ

いけない。

 

 

1000まで上げれば500個売れる事になる。

 

 

要するに販売機会損失が大きい状態にある商品と

いう事になる。

 

 

もったい無いことをしていると考えなくてはならない。

 

 

50%とはいかなくても、10%以上あるような商品が

あったらセッションを上げる努力をしよう。

 

 

画像を魅力的にする、キーワードを追加する、広告を打つ、

プロモーションをする、価格を調整する、

などしてセッションを上げる努力をしよう。

 


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料相談
スカイプ無料相談

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
カテゴリー

ページの先頭へ