Amazon販売者アカウントの大口と小口契約はどちらが得か? | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

Amazon販売者アカウントの大口と小口契約はどちらが得か?


Amazon販売者アカウントを取得しようと思った時に
最初に決めなければならない事がある。

それは大口出品で契約するか小口出品で契約するかということだ。
ただ小口から大口、大口から小口にはいつでも変更できる。

それぞれの違いとメリット、デメリットについて説明していこう。

 

 

大口出品と小口出品の違い

大口は毎月定額4900円の月間登録料がかかる。
小口は無料。

 

小口は1商品売れるにつき100円の成約料が取られる。
大口は取られない。

 

大口では審査があるカテゴリーもあるが、
審査を通りさえすれば全てのカテゴリーで
販売できる。
小口は一部のカテゴリーでは販売できない。

 

 

大口はオリジナルの商品を販売し、自分で新規に
商品ページを作成できる。
小口はAmazonで既に売られている商品しか販売できない。

 

大口は大量の商品をCSVファイルなどを使って一度に登録可能。
小口は1商品ずつ出品する必要がある。

 

大口は訪問者の数(セッション、ページビュー)などのレポートを取得でき
分析が可能。
小口は取得できないので分析もできない。

 

大口は注文管理レポートを取得できる。
小口はできない。

 

大口は独自に配送料金とお届け日時を指定できる。
小口はできない。

 

大口が選べる購入者に提供できる決済サービスは
クレジットカード、Amazonギフト券、コンビニ決済、
代引き、Edy支払い、Amazonショッピングカード
小口はクレジットカード、Amazonギフト券、
Amazonショッピングカード

 

 

大口出品と小口出品のメリット・デメリット

大口出品契約のメリット

料金面では商品1つ売れる毎の手数料100円が掛からない。

 

その代わりに月々4900円がかかる。

 

単純に50個以上売れれば大口の方がお得となる。

 

50個と言えば、例えば平均3000円の商品を売れば、
月商で15万円となる。

 

利益としては3割で5万弱なので、
普通に販売をしていけば、すぐに到達してしまう金額である。

 

販売する商品の種類が無限。

 

カテゴリーに制限がないので、また新規に商品ページを作成
できるので何でも出品することが可能。
(一部のカテゴリーは出品許可申請が必要)

 

もちろん免許や許認可が必要な商品は免許や認可をとらないと

出品できないし、商標権のある商品は権利者の許可がないと

販売できない。
偽物、Amazonが規約で禁止している商品は販売できない。

 

様々な管理ツールが利用できる
一度に大量に出品したい場合や、
一度に大量に商品の価格、在庫数を変更したい、
販売された情報を一度に取得して管理したいなど
様々な便利なツールが使える。

 

これにより、時間短縮が図られる。

 

各種レポートが利用できる。
販売していくと、売りっぱなしではなく、なぜ売れないのか、
なぜ売れるのかを分析して、他の商品や次に販売する候補を
決めるために活かす必要がある。

そのためのデータを取得できる。

 

配送料、発送期間を自由に決めることができる。

 

売れた時に自己発送する場合は自宅から日本の各地域、
海外発送を可能にしている時は海外への配送料を自由に決めることができる。

 

また受注から配送までの日数を自由に決めることができる。

 

多様な決済方法に対応している。

 

コンビニ支払いや代引き、Edyでの支払いにも対応している。

 

カートを取得できる。
Amazonで買い物をするときに「カートに入れる」というボタンをクリック
して購入するが、その「カートに入れる」のボタンを購入者が押すと
自分のお店から商品が購入されることをカートを取得するというが、
そのカートを取得することができる。

 

これは売上を大きく左右する重要な要素だ。

 

 

大口出品契約のデメリット

50個以上販売できない月は月額費が高くつく。

 

その他のデメリットは見つからないくらい大口契約は有利になっている。

 

 

小口出品契約のメリット

月額費4900円がかからない。

月の販売個数が50個未満の時は月額費用が安くなる。

積極的に販売しないで、必用な時だけ販売するのであれば
小口がお得となる。

 

 

小口出品契約のデメリット

大口契約のメリットが享受できない事がデメリットである。

 

販売できないカテゴリーやAmazonにないものが販売できない出品制限、
各種便利なツールやレポートが使えない、
購入者の決済方法が制限される
などであるが、
最も大きいのはカートが取得できない事であろう。

Amazon販売においてカートが取得できないとライバルに勝つことは
かなり難しくなると思ってよい。

 

 

 

以上が大口出品、小口出品のメリット・デメリットであるが、
少しでも出費を抑えたいと思うのであれば、
最初は小口で出品し、月額費の出品を抑えて、
行けると判断したら大口に切り替えるのが良いだろう。


この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料相談
スカイプ無料相談

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
カテゴリー

ページの先頭へ