やると決めたら1点集中で信じてやり抜く | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

やると決めたら1点集中で信じてやり抜く


「2兎を追うモノは1兎をも得ず」という諺があるように、

一つの事に集中せずにあれもこれもと手を出すと

 

結局どちらも成功しないというのはネット物販においても

当てはまる事が多いのです。

 

 

 

インターネットビジネスの大敵、

いろいろな情報が簡単に手に入るので、

つい別の情報につられて、違うことをやってしまう。

 

これです。

 

 

 

大抵の物販であれば、よほどの似非師に掛からない限り、

どのノウハウも大かれ少なかれ稼げるかと思います。

 

 

 

その稼げるノウハウを実践しているにも関わらず、

大成する前に辞めてしまうのは、目移りする事が原因です。

 

 

 

 

もうネット物販は辞めようとなるのであれば、

まだいいのですが、他の情報に目移りしてしまい、

そっちを実践し出してしまう。

 

 

 

 

今まで実践してきた事に似ているからという理由で

手をだしてしまう場合や、

 

新しく得た情報のノウハウに魅力を感じてしまい

手を出してしまう人が大半なのです。

 

 

 

 

このようなノウハウコレクター状態にあなたが

ならないようにするには、一度やると決めたノウハウを

実践し続ける、成功するまでひたすら実践し続ける。

 

 

これしかありません。

 

 

 

 

そのためには情報はシャットダウンするくらいの心構えが

必要です。

 

 

 

余計なメルマガやブログは見ない、稼げない人同士だけが

繋がっているコミュニティーには参加しない。

 

 

この事は守って欲しいと思います。

 

 

 

 

余計なメルマガやブログを見ると、今述べたように、

目移りしてしまう場合が多いからです。

 

 

 

稼げない人同士のコミュニティーは、疑いを深める事に

繋がります。

 

 

稼げていないので、お互いにダメだという結論を出し合い、

共倒れとなります。

 

 

 

やると決めたら、そのノウハウ、コンサルをしてくれる

師匠、講師を信じ切ることです。

 

 

成功する事しか考えてはいけません。

 

 

 

 

途中で成果が思うように出ない時、このまま続けていいのか?

と疑いの念が出てきて、実践の歩みを緩めてしまい、

成功を自ら遠のけてしまう原因になります。

 

 

そして、また違うノウハウを追い求めてしまう、

 

 

こうなるとノウハウコレクターの仲間入りとなります。

 

 

 

それぞれのビジネスモデル、ノウハウで成功と呼べるまでに

なるには、途中でいくつもの壁が現れる事が殆どです。

 

 

 

 

最初は小さな壁で、少し難しかったけど乗り越えることができた、

しかし少し先ではさらに大きい壁が現れて、乗り越える事が

 

なかなかできない、そんな時に、疑いの念は生まれやすくなります。

 

 

 

どうやってその壁を乗り越えるのかというアイデアを考えるよりも、

このノウハウ、ビジネスモデルはダメなんだと判断を下してしまい

辞めてしまう。

 

 

本当にもったい無いですね。

 

 

 

あなたの目の前に現れたこの壁は大きく感じるかもしれませんが、

既に乗り越えたことのある人なら大きい壁ではあるかもしれない

けれど、乗り越え方は知っているはずです。

 

 

 

 

そういった師匠なりスクールの講師なりに聞ける環境を作り、

利用していくのが成功への近道です。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料相談
スカイプ無料相談

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
カテゴリー

ページの先頭へ