副業を行う作業時間帯について考えてみる | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

副業を行う作業時間帯について考えてみる


副業でインターネット通販ビジネスを行なうとすると、

普通のサラリーマンの方は大抵は仕事が終わった後の夜に

作業をする事が多いかと思います。

 

 

 

しかし断然朝に作業をする事をお勧めします。

 

 

 

なぜ夜では駄目なのか

 

夜は仕事で疲れて帰ってきた状態で、

パソコンの前に向かうことになります。

 

 

疲れて帰ってきた状態で椅子に座って

パソコンの前に座ると、大抵は眠くなってきて、

脳があまり働かない状態となってしまいます。

 

 

 

 

こうなると、実際にパソコンの前に3時間いたとしても、

効率がとても悪くなっていて、頭が冴えている時と較べて

半分も実行できていない、という事になります。

 

 

 

 

また夜だと後に控えていることは寝ることなので、

今日はここまで終わらせなければいけない

という緊迫感に掛けることも多いものです。

 

 

 

翌日が休日であれば、夜中遅くまで眠い体に鞭を打って

何とか起きて終わらせることも可能かもしれないが、

継続的にできることではないでしょう。

 

 

 

朝だとこんなにいい理由

 

朝に時間を取って行なうと、出勤のために家を出る時間が

例えば7時だとすると、それまでには終えなければならないという

緊迫感が生まれます。

 

 

 

終えるために集中力も上がり、優先度も付けたり、

どうやって終えようかと考えるようにもなります。

 

 

 

結果として作業効率がとてもよくなるのです。

 

 

 

 

また朝は人間の脳が一番活性化している時間といわれています。

 

 

 

特に起きた直後の数時間は一番冴えているといわれています。

 

 

夜に作業をしていた時は何日も掛かったことが、

朝に作業をすると、1日で完了してしまったということも

よくあることです。

 

 

 

 

初めのうちは起きるのが辛いかもしれないですが、

夜は帰宅して食事や風呂を済ませたらなるべく早く

床につくのがいいです。

 

 

 

夜10時から深夜2時までの睡眠は深夜2時以降の睡眠の

質の2倍とも言われています。

 

 

単純に考えると、夜10時から深夜2時まで眠れば、

深夜2時以降に8時間睡眠した場合と同じということになるのです。

 

 

 

夜は10時に寝て朝は4時に起きる。

 

 

 

朝起きたら散歩に出て目を覚ます

 

そして起きたら15分くらいでいいので散歩に出る。

軽くジョギングをしてもいいですね。

 

 

 

太陽の光を浴びると脳を覚醒させる働きもあり、

また軽く運動する事で脳に酸素が十分に補給されて

気分も良くなり、頭がさらに冴え渡ります。

 

 

 

健康にもいいし、

副業の作業もはかどる。

一石二鳥にもなりますね。

 

 

 

 

会社に行くので早く起きなくてはと思うと億劫だが、

目標達成のために頑張っていると思うと苦にならないはずです。

 

 

 

逆に苦になるのであれば、モチベーションが足りないのです。

 

 

絶対に成功するために行動していると強い信念を持っていれば

早起きくらいはなんてことはないはずです。

 

 

 

 

朝に強い、弱いと確かに個人差はありますが、弱くてもこれを機に

朝型に変えてみるのもいいと思います。

 

 

 

 

ぜひ試してみてください。


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料相談
スカイプ無料相談

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
カテゴリー

ページの先頭へ