中国輸入物販ビジネスとは? | 鎌倉の海辺でのんびりライフ

中国輸入物販ビジネスとは?


中国輸入物販ビジネスとは何でしょうか。

 

 

中国は世界の工場となって久しいですが、

今となっては身の回りの物の多くが中国製品で溢れかえっています。

 

 

洋服を買った時にタグを見ると中国製と書かれている事は

当たり前ですし、雑貨品でも電化製品でも中国製の物は

数多くあります。

 

 

先日iPadをアップルのオンラインサイトから購入しましたが、

数日後に送られてきた外箱に貼られた宅配便の発送元は

中国でした。

 

 

中国でアップルの製品が作られているのは多くの人も周知の

事実です。

 

 

有名な大手企業でも中国に工場を持ち、製造して自国に輸入し

販売しています。

 

 

ですがここでいう中国輸入物販ビジネスとは個人や個人に近い

会社が中国の商品を仕入れて日本や海外で販売する事を言います。

 

 

個人ですので自分で中国に工場を持つ訳ではありません。

 

 

中国で作られた既にある商品や既にある商品を少し改良して、

それを仕入れて販売していくビジネスになります。

 

 

欧米輸入物販などもありますが、その多くは有名ブランド品を

仕入れて販売するビジネスですが、

 

中国輸入物販ビジネスはノーブランドの商品を数百円という

安い価格から仕入れられ、

 

日本で数千円で販売していき、主に日用品を中心に扱うので、

月に1つの商品で数十、数百個と販売していき、

 

1個で見れば少ない利益でも回転を上げて販売する事により

収益を大きく上げる仕組みです。

 

 

原価率という仕入れ値に対する利益額の割合がとても高いので、

資金効率が非常にいいビジネスになります。

 

 

また一つの商品仕入単価が安いので売れない場合に不良在庫に

なったとしても金銭的リスクは非常に少なくなります。

 

 

中国では作れない物は無いと言うくらい、何でも作っていますので

有名ブランドなどのコピー品、ニセモノは溢れていますが、

そういった物は一切仕入れてはいけません。

 

 

そういった物でなくても汎用的なノーブランドの商品が沢山

製造されて販売されています。

 

 

しかも日本には入ってきていない商品が一般の人には想像が

付かないくらいに存在しています。

 

 

日本は物に溢れていますが、そんな日本にも中国にあって日本に

無い商品は山ほどあります。

 

 

そういった日本では知られていない商品の中から、

購入して頂くお客様が満足するような商品を見つけて販売し、

商品を通じて購入者に喜んで頂くというビジネスになります。

 

 


コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 
管理人プロフィール
●画像タイトル

管理人:ハリー

2008年 欧米輸入物販を始める
2012年 中国輸入を開始
2015年 会社を辞めて独立。国内転売をスタート
中国仕入米国Amazon販売スタート
2016年 実績が認められ中国仕入米国販売の講師になる
2017年 中国輸入の代行会社運営開始

国内転売は仕入から発送までアルバイトを雇い仕組み化して今はほぼ何もしないで収益化に成功。
様々な物販を現役で実践するプレイヤーでもありながら
講師として、中国輸出入を教える傍ら、代行会社も運営しつつ、鎌倉の海辺で妻と子供2人でのんびりと暮らしている。

実績
輸出、中国輸入、国内販売で月商550万達成!
詳しいプロフィールはこちら

スカイプ無料コンサル
スカイプ無料コンサル

中国輸入/輸出、Amazon販売の始め方が分からない方、 チャットや通話での無料相談を受け付けております。
お気軽にスカイプしてください。

スカイプID: haru0801
最近の投稿
カテゴリー

ページの先頭へ